一眼レフカメラが欲しくて初めてキャッシングをしたのが30年ほど前です。

現金で買ったほうが割引してもらえたのでカード支払いではなく、カードで現金を15万円位借りて払いました。給料が少なかったのでリボ払いにしました。

最初はすぐに返済できると思っていたのですが。リボ払いは一度の返済額が少ないため、借金をしているという感覚があまりなく、次から次へ欲しいものを買うためにキャッシングをしてしまいました。


ある時、明細書をじっくり見ると利息がかなり高いことに気づきました。

元金がなかなか減らず、全部返すまでに何年もかかったことを覚えています。

カードで現金が引き出せると、つい自分の銀行口座からおろしているような感覚になってしまいますが、それは借金なのだ! と自分に言い聞かせて、やっと抜け出しました。

今でも時々、生活費が足りなくなるとつい手をだしてしまいますが、軽い気持ちで借りると大変よ! と思い出し、なるべく借金はしないようにしています。