高校を卒業し、高校の時からアルバイトをしていた飲食店へそのまま就職。

うるさかった実家から出ての一人暮らし。何もかもが楽しかったちょうどそんな頃、うっかり家賃分のお金に手をつけてしまい、初めて借金をすることに。

周りの友人が普通に消費者金融で借りているという話を聞いたこともあり、気軽に借りてしまいました。


申込時は「こんなに所得低くて大丈夫かな?」なんて思っていましたが、無人契約機にて無事手続き完了。あっけなさ過ぎてちょっと笑ってしまったのを覚えています。

家賃の不足分は3万円ほどだったのに限度額ギリギリまで(30万)引き出してまたにんまり。銀行のATMとなんら変わらない作業だったのが災いし、借金をしているという感覚のないままあっという間にすべて使ってしまいました。

一応家賃だけはちゃんと振り込みましたが(笑)月に1万円ずつ返していけば良いだろうと甘く考えていましたが、ただでさえ少ない給料の中から毎月1万円固定で捻出するのはすごく難しくて、返しては借り、返しては借りを何年も繰り返しました。

滞納もたくさんしました。ありがたかったのは、ノーローンへの返済が滞り、その返済のため違う消費者金融を頼ろうと思い申込に行ったら断られたこと。

多分滞納履歴が残っていたのでしょう。その時は目の前が真っ暗になり腹も立ちましたが、断られてなかったら危うく自転車操業の上自己破産していたかもしれません。

プロミスさん、ありがとう(笑)結局にっちもさっちもいかなくなり利息等で50万近く膨らんだ借金は親に泣きつき返済。

短いひとり暮らし生活にピリオドを打ったのでした。数年後に転職し再度一人暮らしに挑戦。

もう消費者金融には手を出さないと決め、結婚した今でもその意思を貫いています。