一時期海外で生活していたことがあった。日本にいるとキャッシング、お金を借りることにかなりの抵抗を感じていた。

しかし、海外に行くと通貨が違う。日本円を持っていっても、あまりたくさんの現金を持つのは怖い。

しかも、どこにでも日本円が両替できる両替屋があるわけでもないし、両替手数料もまちまち。一番理想的なのはクレジットカードで支払うこと。手数料もなく、その時の純粋のレートで引き落としてくれる。


しかし、海外では日本のようにコンビニなどで数百円の買い物をするときでもクレジット払いが出来るわけでもなく、カードを使える店事態が少ない。

そうなると生活費をどのように換金するのが一番お得なのか。色々試してみた。海外でも引き出せる銀行から必要なときに必要な分だけ引き出してみた。

ATMによって手数料も様々だったが一番最悪だったのが1000円の引き出しに対して500円取られたときだ。

それ以来その銀行から引き出すのは止めた。結局行き着いた先が楽天カードのキャッシングだった。

ATM手数料、リボ払い手数料を入れても一番率がよい。

海外でキャッシングすることに慣れてしまっての帰国後、もはやキャッシングに対する抵抗がなくなっている自分に気がついた。

給料日前になると毎月キャッシングへの誘惑と闘っている。